2011年5月17日 (火)

シロウリ定植 今年はたっぷり奈良漬を

Uri516

 シロウリを2種植えました。昨年もつくった桂白瓜は40cm以上にもなり、奈良漬の材料として最上級の瓜です。昨年は初めてということもあって、少し物足らない量でした。今年は!と思ったのですが、作る場所がなくて・・・

 もう1種は「徳佐瓜」という山口県の在来種の瓜です。20cm~25cmで収穫です。浅漬けにも奈良漬にも使える品種です。娘に頼んで種を送ってもらいました。

 やっぱり今年は奈良漬三昧にしたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 9日 (土)

今年も瓜をつくります

Shirouri47

 今年も瓜をつくります。昨年は奈良漬を自分で漬けてみたくて、「桂白瓜」をつくりました。専用の酒粕を調達し、まずまず満足のいく奈良漬ができました。ただ、数が少なくて、漬け替えをしてあの黒い色になるまで待てず、全部食べきってしまいました。今年はもう少し量をつくろうと思います。それと、今年はもう1種、山口県(出身地)の伝統野菜でもある「徳佐瓜」の種を娘に送ってもらいました。浅漬けにも奈良漬にも使えそうです。今年はたっぷり漬け込んで、念願の黒い(「深い飴色」といえばきれいな表現なのでしょうか?)奈良漬を食べたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月11日 (木)

奈良漬ちょっと出してみました

Naraduke1110

 3ヶ月目の奈良漬です。あの黒い奈良漬の色と、マイルドな味わいにはもう少し。もう一度酒粕を替えて漬け込みます。試食です。もう少し塩気が抜けても良いかな、と思います。時間が経てばもう少し柔らかな味になると思います。でも、なかなかの味です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 2日 (月)

さあ!奈良漬の第一歩

Uri81

 白瓜(桂白瓜)の収穫です。もう少し大きくなるのかな?と思いながら5本ほど収穫しました。1本が1kg~1.2kg、本当はもう少し数がほしかったのですが、ちょうど同じくらいの大きさのものがこの5本でした。洗って二つに割って種をとり、中心のくぼみに塩を詰め、樽に漬け込みました。1週間後に取り出していよいよ酒粕に漬けます。酒粕も注文しました。いよいよこれから2年、奈良漬作りの始まりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月28日 (水)

白瓜大きくなりました

Shirouri727

桂大白瓜です。収穫時には45cmになるそうです。現在35cmくらいでしょうか。今年は奈良漬をつくろうとこの瓜を植えました。ただ全部をというわけでなく、一部は浅漬けで食べようと思っています。何しろ奈良漬は食べられるまでに2年かかるものですから・・・。少し遅れ気味に定植しましたが、盆を過ぎた頃に収穫の盛期をむかえるのでちょうどいいのかもしれません。レシピにはちょっと涼しくなる頃が漬物にちょうどいいと書いてありました。信用しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月15日 (木)

地這キュウリの「胚軸切断挿し木」育苗も順調

Jibai714Jibai7142 地這キュウリの「胚軸切断挿し木」法による育苗も順調です。本葉2枚、切断していないものよりやや小ぶりの苗ですが、根もご覧の通り!本葉が3枚程度になれば定植です。来年春まきの夏野菜の育苗はこの方法でやってみようと思います。もう徒長苗も怖くない!

Kabocha715Uri715 カボチャも花盛り?毎日のように雌花が咲いています。今年つくっている白瓜も次々と花をつけています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)